Vol 414 294 最後のページ

0

    長年、このサイトをご覧いただき、ありがとうございました。

    父中神英臣は、1/31に他界いたしました。

    きっと、新たな世界で、新鮮な体験をしていることと

    思います。

    皆様も、日々ご健康に過ごされますよう、お祈り申し上げます。

     

    娘より


    Vol.413 293

    0

      <本日の言葉>

       1月15日と言っても特筆すべきコト無し。目新しきコト無し!。

      そこで、何か目新しきことを見つけたいと思うが何も浮かんでこない!。

      是からソレを考えてみよう・・・!。でも何も考えつかない!。


      Vol.412 292

      0

        <易学上の新年>

        『12月15日』は昨日で『空亡』が終り『新年度』となる。

        身ノ引き締まる感。一般の暦の上の来年の節明けが待ちどおしい。

         

         我が家の飼い猫<チャッピー>が昨日から動物病院に入院中。

        動物や人間に執って『何が幸せか?』を考えている!。


        Vol.411 291

        0

          <歳月人を待たず>

           英語だと"Time waits for no one"となる。

          蝉やコオロギの聲が聞かれくなったラ『師走』である。

           

          高齢による皮膚のトラブルも落ち着き始めた。

          学生時代から60年目の湿疹トラブルである。

          一白水星の年度替わりが目安である。

           

          宮下晃君・小平昇一君・金田静夫君・塩澤和一君それに

          唐沢税理士君も亡くなった。

          友人に電話するのが怖い・・・。ソノ様な師走なり。

           


          Vol.410 290

          0

             

            <歳月人を待たず>

             『ア!』と言う間に『11月』である。

            小生にとっては12月15日までは『空亡』の時季である。

            ヤヤ中途半端な感の季節では有る。『骨休め』をしよう。

             



            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728   
            << February 2018 >>

            selected entries

            archives

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:260 最後に更新した日:2018/02/03

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM